INTERVIEW
人を知る

やり遂げる過程の苦しさは
乗り越えた瞬間に
自分を支える芯になる。

Webコンテンツ企画部 主任

田島 光太郎

2013年度 新卒入社(関西大学)
大学時代、学生だけでフリーペーパー制作を行い、そこで営業部長として活動。
創業半年ほどで、売り上げを黒字化させた経験を持つ。
さらなる成長を求め、オールコネクトに入社するためだけに福井へやってきたなにわ男児。

やり遂げることの大切さは、やるべきことを全うしなければ分からない。
だけど、それをつかめたなら必ず人は成長できる。
あきらめない強さを、夢を実現できるチャンスを、手に入れることができる。

大阪出身の田島さんが、福井県のオールコネクトで働くことを決意した理由を教えてください。

はい、2つあります。ひとつは、早い段階でいろいろな経験ができそうなベンチャー企業だと感じたこと。20代のうちにバリバリ仕事がしたいと考えていたので。もうひとつは、Webでモノを売るビジネスモデルだったこと。将来的にはWeb関連の仕事に携わりたいと考えていましたが、ビジネスの基礎能力として営業力は必須だと捉えていました。そのため、コールセンターで営業を経験し、Web関連の部署へとキャリアを積めるオルコネは、僕にとってぴったりな環境だったのです。だから、大阪から福井に就職することも苦ではなかったですね。ずっと実家暮らしだった自分にはちょうどいい厳しさでしたし、それ以上に、知らない土地で新しい経験ができる期待感の方が大きかったですね。

期待が大きかったと思いますが、実際にオールコネクトで働いてみて感じる魅力はどんなところですか?

徹底した実力主義です。どれだけ結果を出せるかで評価されるということは、自分次第でどんなふうにでもキャリアを形成していけるということです。結果が出せないまま、社歴や年齢に応じてキャリアアップしても、自分のためにならないですよね。僕は正当な評価で昇格したいし、20名以上いる同期に活躍ぶりをアピールしたいとも思っています。周囲が結果を出してキャリアアップしているのを見ると、良い意味での危機感を感じます。だから、常に向上心を持って働きたい人には挑戦しがいのある環境だと思いますね。

与えられた目標がある限り、やり続けることが大事。
コールセンターでの経験がずっと生きている。

それでは反対に、実力主義な環境だからこそ苦労された経験はありますか?

そうですね。絶対に3年は続ける決意で入社したので、どれだけ苦しくてもやりきる覚悟でしたが、営業は向いていないんじゃないかと思うほど結果が出せなかったんです(笑)乗り越えられたのは、新しいチームで出会ったリーダーのおかげですね。仕事に対する姿勢も人柄も尊敬できる上司で、いつ相談に行っても親身にアドバイスして助けてくれる方でした。人生で初めて、自分じゃない誰かのために頑張ろうと思えましたね。リーダーが責任を果たせるように自分が頑張るんだという意志が、壁を乗り越える力になりました。

なかなか思うようにいかない日々を経験して、田島さんが感じたことを教えてください。

今思い返すと、当時の僕は自分に甘いところがあって、辛い状況でしんどくなると、妥協してあきらめる方向に気持ちが揺れやすかったと思います。でも、「この人のために頑張る!」と思えるリーダーと一緒に仕事をしたことで、精神的に粘り強くなりましたし、あともう1件成約が取れるかどうかという場面でも、あきらめないでさらにひと踏ん張りできるようになりました。「与えられた目標がある限り、やり続けることが大事。」と日々上司が言っていた言葉の通り、辛くてもやり切ることができれば、そこに必ず成長があると感じます。

今は、Webコンテンツ事業部に配属されているとのことですが、どのように異動されたのでしょうか?

声がかかったのは、Webコンテンツ事業部の立ち上げ段階の時です。事業部立ち上げにあたり、メンバーを募集していると。ただ、声をかけられたスタッフは僕以外にもいて、与えられた課題をこなし、社内プレゼンを勝ち抜いた人が異動するというものでした。ちなみに現在では、ルールは少し異なりますが、FA制度という異動制度として確立しています。

やりたい仕事ができるチャンスだったので、話があった場でチャレンジすると即答しました。その日のうちにコンテンツマーケティングに必要な知識をリサーチし、本屋に走って資料本を読み漁りました。それから毎日深夜3時過ぎまで、勉強と課題発表の準備に没頭しました。やるべきことを徹底的にやると決め、誰にも負けない自信が持てるだけのプレゼンを作ったんです。

見事にその社内プレゼンを勝ち抜いたということですね?

はい。これで落ちたら運がなかったと思えるほど粘り強く突き詰めましたからね。それもコールセンターでの経験があったからこそやり遂げられたと感じています。

「スマホのことならモバレコ」というブランドに育てていく。

現在、Webコンテンツ事業部では、どのようなお仕事をされているのですか?

スマホの情報のメディアサイト「モバレコ」でコンテンツディレクターをしています。サイト内に掲載するコンテンツの企画・編集・ライティング等に関する業務を担っています。新しい商品の取材の交渉やコンテンツ企画の提案などで、コールセンターでの営業経験を生かせています。

コンテンツマーケティングという成長分野において、田島さんの今後の目標を教えてください。

部署としての大きな目標は、飲食店なら食べログ、レシピならクックパッドというように、「スマホのことならモバレコ」というブランドに育てていくことです。僕個人としては、Webであることにとらわれず、リアルな場所でもイベントを運営して、ユーザーとメーカー、キャリアをつなぐ空間を提供できたら面白いかなと考えています。

そのためには、もっと良いコンテンツを発信して、サイトを今以上に成長させることが必要だと感じています。コンテンツの反応はアクセス数やSNSのコメントでダイレクトに結果が見えるので、作りたいものではなく、求められているものをいかに提供して支持されるかにこだわっていきたいですね。初心者向けならやさしい言い回しで、詳しい人向けならマニアックさをプラスするなど、どういう読者にどう伝えて、どう解決していくのか、届けるべき読者の目線を意識しながら良質なコンテンツを発信し続けていきたいと思います。

2018年度 新卒採用エントリー

なにかを成し遂げたい、これだけは絶対負けたくないなど、
熱い想いを持っているみなさまのご応募をお待ちしております。

  • 中途・キャリア採用の方

    お持ちのスキルをALL CONNECTで生かしたい方、ALL CONNECTへ興味をお持ちの方、是非ご応募ください。皆様のご応募をお待ちしております。

  • 障がいをお持ちの方

    障がい者の方々の能力や適性に応じて、個々がその能力を最大限に発揮できるよう、よく話し合って決めていきます。意欲を持った方のご応募をお待ちしております。

ページのTOPへ戻る