INTERVIEW
人を知る

根拠のない自信を持つ。
本当の自信に変えるための
行動力にするために。

第一事業本部 第二事業部 統括部長

大和 恒成

2012年度 新卒入社(横浜国立大卒)
2012年度新人賞受賞
入社1ヶ月目で営業成績トップ獲得、
事業部長に最短昇格するなど数々の偉業を成し遂げている猛者。
趣味は、読書とゴルフ。好きな言葉は、“感恩報謝”。

大きいところにいるのではなく、
自分に実力をつけられるところにいること。
だから、一流企業より一流になるための経験ができる場所を選んだ。

就活時代、オールコネクトとの出会いのきっかけについて教えてください。

最初の出会いは、合同企業説明会です。ブースには、取締役の古市と女性人事がいて、2人からは、なんともいえないバリバリ仕事ができそうなのオーラを感じました。実際に話を聞いて、古市のアツさにも感化されて、この時点でオルコネが本命になりました。何とか印象付けたくて、その日のうちに、もう1回オルコネのブースに立ち寄って、顔と名前を覚えてもらおうと行動しましたね(笑)

一目ぼれだったのですね。具体的には、どんな部分に魅力を感じられたのですか?

小さいけど勢いがあり、20代でも出世できると思ったところです。また、年功序列など決まりきった大きな組織より、ベンチャーならではの実力主義な風土や、人の魅力に面白さを感じました。

入社1年目はバリバリ働かれたのですか?

そうですね。入社1ヶ月目から、既存のメンバーも抜いて、部署内の営業成績トップでした。今でも、営業成績トップになるまでの最速記録は塗り替えられていないと思います。

また、1月からは、東京支社のコールセンター立て直しのために、東京転勤もしました。当時、東京のコールセンターの生産性は、福井の生産性の半分ほどで、存続が危うい状況でした。入社1年目の僕に課せられた課題は、繁忙期である3月までにこの状況を立て直すこと。今考えると普通じゃないです(笑)でも、期待されているからこそ難しい課題を任せてもらえていると感じました。ただ、さすがに僕だけでは達成が難しいと考えて、他4人のメンバーを加えてもらいました。ぼくは係長として、現場の最前線に立ち、各プレイヤーのマネジメントをおこない、会社に寝泊まりして、休日も惜しむことなく働きました。

今では、絶対考えられないことですね(笑)

はい(笑)立て直しのために採用した30人のうち4割が脱落しました。だけど、残りの6割は、僕の姿を見て一緒に頑張ってついてきてくれました。結果、3月に福井の実績を超えることに成功しました。この時の経験は、今でも大きな自信になっています。

社長の岩井と仕事がしたい。

入社1年目、そこまでやり切れた大和さんの原動力は何ですか?

「社長の岩井と一緒に仕事がしたい。」という想いです。僕にとって、社長の岩井宏太は神的な存在です。だから、早く駆け上がって岩井の近くにいきたいし、オルコネのNo.2になって一緒に仕事がしたいんです。それと、僕の高校時代の友人たちは、弁護士や商社マン、医者、官僚など、見事にエリート揃いなんですよ。その中で、高校で生徒会長をやっていた僕が、ただの平社員なんてありえないでしょう。友達には負けられないし、自分で選んだ道なら頑張る以外に方法がないです。

日々の行動で意識していることはありますか?

いつでも根拠のない自信を持つことです。そして根拠の無い自信を言葉にします。僕は言霊の法則というのを信じているのですが、とにかく言葉にして自分自身に言い聞かせる。そして行動しているうちに自信が確信に変わるんです。そうやって、入社1ヶ月目で営業成績トップ、新人賞受賞、事業部長に最短昇格などの成果を出し、本物の自信を自分の手でつかみとってきました。

強い精神力ですね。学生のときは、どのような経験をされたのですか?

学生時代は、生徒会長に委員長、応援団長、野球部の部長など、人をまとめる役まわりが多かったです。大学時代では、居酒屋と家庭教師のアルバイトをしました。居酒屋でも、60人いるアルバイトのバイトリーダーでした。また、家庭教師は、結果を出せなければ給与はなしという成果報酬制のアルバイトでした。リーダーや“長“がつく立場を経験することで、1人でできることの限界を知りましたし、自分が一生懸命やる背中を見せることで周囲にやる気を出させて、目標に向かって集団をまとめていく手応えも感じることができました。そこが、今のベースになっていると感じます。

リーダーは強くあるべき。
絶対に弱気にはならない。

大和さんが考えるリーダーに必要なことを教えてください。

リーダーは強くあるべきというのが、僕のポリシーです。自信のない言い方や行動はしないですし、経験したことがない仕事を任されても絶対に弱気にはなりません。人をまとめて率いるということは、僕の後ろに自分を信じてついてくる人がいるということです。彼らには勝たせてあげたいし、良い経験をたくさんしてほしいと思います。大和の下で仕事ができてよかったと思ってほしい気持ちが、自分を奮い立たせているんです。

最後に、大和さんが感じるオールコネクトの魅力を教えてください。

社長の岩井です。誰もやらないようなことを誰よりも早く手がけて、後から時代が付いてくるような感じです。事業センスが天才的で、先見性に優れていると感じます。いつか社長の近くで同じ景色を見たいですね。

また、オルコネの精神は社長の言葉から来ています。「誰のせいでも自分の人生」、「成功したら120点。失敗したら100点。挑戦しなかったら0点。」、「無理と言わない。」、「まずはやる。その後考える。それを早く速く繰り返す。」などなどです。特に、僕は、「情熱はすべてに勝る」、「本当の安定は自分に実力をつけること」、この2つが気に入っていて、自分でもよく使っています。仕事を通して、社長の精神に触れることができることもオルコネの魅力だと思います。

2018年度 新卒採用エントリー

なにかを成し遂げたい、これだけは絶対負けたくないなど、
熱い想いを持っているみなさまのご応募をお待ちしております。

  • 中途・キャリア採用の方

    お持ちのスキルをALL CONNECTで生かしたい方、ALL CONNECTへ興味をお持ちの方、是非ご応募ください。皆様のご応募をお待ちしております。

  • 障がいをお持ちの方

    障がい者の方々の能力や適性に応じて、個々がその能力を最大限に発揮できるよう、よく話し合って決めていきます。意欲を持った方のご応募をお待ちしております。

ページのTOPへ戻る